12月9日(日)中国地区昇段昇級審査会及びRF武道空手道中国地区大会

27 12月 2012

<期日>
12月9日(日)
<会場>
廿日市市スポーツセンター武道場

平成24年最後の中国地区審査会とRF中国地区大会が開催され、熱気あふれるものとなりました!審査会検定員と大会会長で、総本部より小沢隆首席師範にお越し頂きました。以下、レポートします。

【昇級審査会】


 

 

 

 

 

 午前中は昇段昇級審査会です。

今回も多くの道場生が受験しました。一年最後の審査会号令は岩間支部長。岩間支部長の号令でいつもより気合が大きかったと思います。

準備体操・基本稽古・移動稽古は、地味な繰り返しで、目の前に物がない空間動作の稽古は、特に小さい子供ほど集中しにくいところがあります。相手と行うミットやスパーリング、組技はまだ対象がありますから、ミットは強く打てば手ごたえがあり、スパーや組技は相手と競い合うから白黒はっきりと分かりやすいです。

ですが、稽古反復により、構え(ガード・スタンス)・打撃技・バランスが養われます。普段の稽古で集中してできているかどうかが、試合の動きに反映されるので、頑張りましょう。

【RF武道空手道中国地区大会】

 

 

 

 

 

午後はRF中国地区大会が開催されました。

まず開会オープニングにて、那須副支部長の固定しないバット二方割りで左右の回し蹴りで折る演武が行われました。

 

 

 

 

少年部では、切れのある動きで見ごたえのある試合が多かったです。毎回、回
を重ねるごとにレベルアップしていますね。

選手のファイトスタイルも様々です。禅道会の皆さんはみな同じ稽古を反復し、基本を学びますが、人によって個性がでます。基本を土台にした上ででき上がる個性はとても良いことだと思います。

・アグレッシブに打撃技~組技で攻める
・アウトボクシングで距離をとって闘う
・自分も攻めつつ、要所でカウンターねらい
・パンチ~蹴りの対角線コンビネーションで攻める
・首ずもうで膝蹴り
・組技の投げと抑えこみをねらう

など、大人顔負けの動きをする選手もいました。

トーナメントとは別に、上級者向けで中国地区大会では初のワンマッチ「エキスパートルール」を行いました。従来の少年部ルールはポイント&KO制ですが、これは関節技絞め技を導入した審判の判定によるジャッジで勝敗が決まるルールです。

このルールは、上級者向けとして整備され、なおかつ、極力安全面も重視したルールとなっております。今年の全日本ジュニアRF大会より施行されました。

中国地区初のエキスパートクラスは、小学校6年生の三好堅斗選手(佐方道場)対 鍋谷晟那選手(廿日市道場)で行われました。結果は鍋谷選手の裸締めによる一本勝ちでした。両者とも初のルールでよく頑張ったと思います。



 

 

 

 

 

 

一般部では今年も茶帯トーナメントがあり、黒帯を目指した道場生の熱い戦いが繰り広げられました。昨年より始まった西日本地区の昇段受験者のトーナメントで、西日本からも黒帯が徐々に生まれてきておりまして、今後も全日本に通用する選手たち、指導員たちを輩出したいと思います。

下帯の部には、他団体の選手が参加し、会場は大いに盛り上がり、また、女子の武田美智子準指導員も参戦し、柔道仕込みの豪快な投げで場内を沸かせました。武田選手は男子の部でみごと優勝しました。

大会結果は下記の通りです。

<幼年 年少・年中の部>

優勝
岩崎世摩
廿日市道場

準優勝
西川慧
大竹道場

<幼年 年長の部>

優勝
横山涼斗
東広島道場

準優勝
松岡叶大
呉道場

<小学1年生軽量級の部>

優勝
角田玲央
呉道場

準優勝
行政捺己
三次道場

<小学1年生重量級の部>

優勝
野崎祐次
三次道場

準優勝
福山隼人
安佐南道場

<小学2年生5級以下の部>

優勝
湊琉稀
観音道場

準優勝
池田優輝
大野道場

<小学2年生4級以上の部>

優勝
島津陽希
大竹道場

<小学3年生5級以下の部>

優勝
野崎敬士
三次道場

準優勝
丸林優真
安東道場

<小学3年生4級以上の部>

優勝
満田悠
安佐南道場

<小学4年生5級以下の部>

優勝
賀川翔世
安佐南道場

準優勝
金尾寛海
三次道場

<小学4年生4級以上の部>

優勝
入門朔也
大竹道場

準優勝
谷村泰嘉
富士見道場

<小学5年生男子5級以下の部>

優勝
藤本海
観音道場

<小学5年生男子4級以上の部>

優勝
池田智貴
大野道場

準優勝
宇根空矢
岩国道場

<小学6年生男子の部>

優勝
加藤晶
安佐南道場

準優勝
清永陸斗
安東道場

<小学生5・6年女5級以下の部>

優勝
中村莉子
安東道場

<小学生5・6年女4級以上の部>

優勝
湊琴梨
観音道場

<中学生の部>

優勝
伊原大雅
河内道場

準優勝
清永真生
三次道場

<青年男子5級以下軽量級の部>

優勝
武田美智子
廿日市道場

準優勝
兼重洋平
星の智慧教会柔術クラス

<マスターズの部>

優勝
植平伸也
岩国道場

<青年男子茶帯トーナメントの部>

優勝
山口晃平
観音道場

準優勝
金山秀樹
観音道場

<勝利者>

小学6年生エキスパートルールワンマッチの部
鍋谷晟那
廿日市道場

マスターズワンマッチの部
満田賢一郎
安佐南道場

<特別賞>
幼年 年少・年中の部
谷村泰和
富士見道場

小学6年生の部
賀川悠大
安佐南道場

審査会受験、大会出場した皆様お疲れ様でした。

 一年を締めくくるいい大会となったと思います。
来年は禅道会15周年で全日本大会も盛大に開催されます。みなさん頑張りましょう!