岩間真太郎  弐段 広島山口支部支部長

空手道禅道会 中国広島支部 岩間真太郎支部長

指導道場

高校生時代に入門。
20歳のときに研修寮に入寮。当団体の内弟子・研修生第一号となった。

研修寮入寮の際は、ヒンズースクワット連続1万回と連続15人組手を達成。
武道界の名伯楽と謳われる小沢首席師範の指導のもと、幾多の空手道選手権大会に出場、同年代選手の中では遅咲きながら内弟子修業の努力が実り優勝・上位進出などの好成績を修める。

総本部道場にて自らの稽古・小沢首席師範のスパーリング・ミットトレーニングの相手をつとめる傍ら総本部道場業務に携わること10年間―内弟子修行を終え、長野支部支部長に就任。

支部長就任11年目(平成21年)には中国支部支部長に任命され、西日本地区の青少年健全育成のための武道普及にあたる。

塚久弘  初段 副支部長

空手道禅道会 中国広島支部 塚久弘副支部長

  • 平成15年禅道会に入門
  • 平成21年度に広島山口支部の副支部長へ任命

指導員の中では最年長で40代後半という世間一般的には遅めに禅道会空手へ入門しました。若い生徒たちの中地道に努力をし、見事黒帯へ昇段しました。
昇段後は道場長を務め、長年広島山口地区の青少年健全育成活動が認められ、副支部長へ任命されました。

道場長引退後は広島山口支部の運営面に対してご指導という形で当支部を支えて下さっています。

漆原 光  初段 指導員

空手道禅道会 中国広島支部 漆原光指導員

指導道場(道場長)
  • 19歳の時に入門
  • 平成21年長野県上田市準指導員へ新任
  • 平成23年広島県呉市道場長へ就任

当支部の職員と呉道場⾧を兼任し、支部内の事務関係から審査会大会や合宿などのイベント準備を手掛ける。
呉道場では少年部と一般部の指導を務める。

平成23年に呉道場を担当するようになり、歴代呉道場指導者の中で平成27年度に少年部初となる黒帯を輩出。令和元年には一般部も初の黒帯を輩出しました。全日本大会2連覇を成し遂げた生徒も育てています。

短時間で効率的な練習方法を模索してより安全に練習ができる環境作りを心掛けており、女性にも安心して楽しく稽古が出来ると生徒たちの評判がとても良いです。

10代から50代までの幅広い道場生が在籍しており、老若男女問わず仲良く練習して欲しいと考えています。

長尾明広  初段 指導員

空手道禅道会 中国広島支部 長尾明広指導員

指導道場(道場長)
  • 28歳の時に入門
  • 平成25年4月玖珂道場長へ新任
  • 平成30年6月岩国道場長へ就任

岩国道場では少年部と一般部の指導を務める。地元で長年通いの道場生としてコツコツと修行を重ねて道場長になりました。明るい性格は道場の雰囲気にも出ていてアットホームな道場になっています。

稽古で体を動かす時は緊張感を大切にし、小休止中はリラックスして皆へ話しかけ楽しい雰囲気を心掛け、メリハリもとても大切にしています。

毎回の稽古最後の技術説明はわかりやすく楽しい時間と生徒たちに好評です。

10代から50代までの幅広い道場生が在籍しており、老若男女問わず仲良く練習して欲しいと考えています。

原剛司 初段 島根道場長

空手道禅道会 中国広島支部 原剛司 島根道場長

指導道場(道場長)
  • 島根県 島根道場
  • LINEで送る
  • はてなブックマーク