2020年8月中国地区昇級審査会 感染防止策および審査会受験項目

08 7月 2020

8月審査会開催にあたり、禅道会総本部より新型コロナウィルス感染防止策と審査会内容の指導がありました。審査会内容は今までのものに調整を加え、下記の審査会受験項目で実施することになりましたので、ご連絡させて頂きます。

1.昇級審査会における感染防止策

〈会場関係〉
・今回は広島市安佐南区スポーツセンター武道場にて開催
・通常の審査会は禅道会西日本地区の道場が集まり60~80名で開催しているが、今回は広島山口支部の道場のみで開催とする。
・密閉を避けるため、窓のある会場にて行う。
・密集を避けるため、今までの会場スペースの1.5倍の会場で行う。
・密接を避けるため、午前と午後に2分割し、2クラスで行う。
・受験者と観客席は離れている。
・受験者の2分割により、午前中20~25名くらい、午後20~25名くらいで行う。
・観客席では間隔をおく。受験者整列は間隔をおく。

〈審査会当日の徹底事項〉
・受験者と観戦者のチェックシートを提出(同封しております)
当日にご自宅にて検温、同封のチェックシートに記入し、審査会会場にてご提出ください。
・会場の換気の徹底
・会場への入室と退室の際はアルコールにて手指の消毒
・マスクの持参 審査会中は息苦しいと体に悪いので外して大丈夫です。
・観客席では間隔をおく。受験者整列は間隔をおく。
・人数制限のため少ない人数でご来場ください。

2.審査会受験項目 感染防止策による特例措置

①準備体操
②基本稽古・移動稽古
③シャドウ
④受身 後ろ受け身10回
⑤対面しての対人シャドウ 少年部1.5分 一般部2分
・相手との距離を2m以上あけて行う。
・シャドウ中の技の練度を審査
・ガード・構えができているかを審査
・相手の攻撃をみて防御ができるか審査
相手と接触しないよう⑤の内容で試合形式とします。

3.その他の説明

・最近は県を跨いでの移動は好ましくないため、今回の審査会には総本部の検定員の先生は来広しません。
・今回はビデオ撮影し、総本部にデータを送り、総本部技術部にて昇級の審議をする形を取りますので、あらかじめご了承ください。
・暑い時季でもありますので、熱中症には充分配慮して行います。会場設置の扇風機を4台使用します。

以上