10/25(日)全九州オープントーナメント 武道格闘技交流大会

30 10月 2009

全九州オープントーナメント 武道格闘技交流大会
開催日  10月25日(日)
会 場   熊本県上益城郡御船町スポーツセンター
主 催   空手道禅道会熊本支部
禅道会熊本支部が、九州で支部設立4年目にして開催した子供から大人までのオープントーナメント。打撃から寝技の抑え込みまでの5級以下の部初級者ルールと、寝技での関節、パウンド有りの4級以上の部の中・上級者ルール、35歳以上マスターズの部、女性の部と、小学生各学年別の階級で行われた。
決勝前には、小沢隆首席師範のシャドートレーニングの模範演武が行われた。氷柱10本、束バット9本をも折ってしまう、小沢師範の技のキレには観客から大きな拍手が上がっていた。

●青年男子4級以上の部  優勝  栗田 寛之
●マスターズの部      特別賞 阪田 文雄
4級以上の部では、長身を活かした強烈な打撃を使い全て一本勝ちで勝ち上がってきた栗田寛之に対して、伝統空手の経験と寝技での極めを持つ渡辺心の対決。二回戦で腕を負傷していた栗田が、間合いの戦いに持ち込み相手を近づかせず、打撃を当てていき判定勝利、優勝を飾った。
栗田は本大会全て他流派他団体との対戦で和術慧舟會、伝統空手、柔道弐段の総合選手らと戦い、禅道会選手として責任のある戦いぶりであった。
特別賞の坂田選手は、35才以上のマスターズで30才代の選手たちの中、54才ながら大健闘。
さすが九州!武道格闘技熱の高い地区であり、今後ますますレベルアップが期待される!!